埼玉県鶴ヶ島市 内科 のぐち内科クリニック 漢方外来 東洋医学 漢方薬

〒350-2211
埼玉県鶴ヶ島市脚折町6-28-1

15台

049-279-6700

漢方外来

即効性や大きな効果が得られる漢方もございます

即効性や大きな効果が得られるケースもあります

当クリニックでは、西洋医学で診断がつかない時や薬が効きにくい時、また不定愁訴や症状はあるが病名まではつかないなどでお困りの際には、漢方薬による治療も行っております。漢方薬は「効果が出るまでに時間がかかる」とか「あまり効き目がなさそう」という印象をお持ちの方も少なくないかも知れませんが、漢方の種類や症状によっては、即効性や大きな効果が得られるケースもございます。
医師からご提案することはもちろんのこと、患者様のご希望もお伺いいたしますのでお気軽におっしゃってください。

こんな症状、疾患の方はご相談ください

こんな症状、疾患の方はご相談ください

風邪症状、咳、痰、鼻水、のどの違和感、神経痛、関節痛、胃痛、胃もたれ、更年期、げっぷ、しゃっくり、冷え症、皮膚のシミ、膀胱炎、口内炎、下痢、不眠、むくみ、二日酔い、めまい、多汗症、寝汗、夜泣き、小児夜尿、つわり、偏頭痛、虚弱体質、体力増進、夏バテ、クーラー病、自律神経失調症、認知症、過敏性腸炎、肥満症、こむら返り、チック、貧乏ゆすり、五十肩、しびれ、アトピー性皮膚炎、便秘、人前で緊張して震える、ニキビ、帯状疱疹、神経症、認知症、むずむず脚症候群、冬季うつ、ぎっくり腰、パニック、蕁麻疹 など

漢方のメリット

  • 体質改善が期待できる
  • 西洋薬よりも、副作用のリスクが少ない
  • 原因不明の頭痛やめまい、吐き気、不眠などの諸症状を緩和する

患者様お一人お一人に合わせた漢方処方

患者様お一人お一人に合わせた漢方処方

誰もがもともと兼ね備えている、「自然治癒力」を高め、体の状態を整える効果を期待する処方が基本です。
一人一人の自然治癒力を高めるため、病名で診断するだけでなく、体質や病気の状態によって最適な薬を選び、使い分けることが必要となります。
ですから、同じ症状だからと言って同じ漢方薬を使用しても、人によって効いたり効かなかったりします。
その人に合った漢方薬を、その人に合った飲み方で使う必要があるのです。
漢方では、病態と体質の双方を考慮に入れながら、その時々の処方をするのです。

漢方は不調対策も得意です

また、人の体は健康と病気の二つの状態にはっきりと分かれるのではなく、体調がすっきりしないのに医療機関で検査しても「異常無し」と言われるような、白でも黒でもない灰色の状態があります。これを東洋医学では「未病」と呼び、はっきりした病気ではないのですが、病気が本格化し、症状が顕在化する前の状態と考え、放置すれば病気になる可能性があると考えます。
体質を改善したり、体の治癒力を高めたりして病気が悪くなる前に治していくのが、漢方の基本的な考え方です。西洋医学では病気と見なされないような不調対策も、漢方は得意とするところなのです。

漢方によるダイエット

そもそも肥満とは 

摂取エネルギー(カロリー)が消費エネルギーよりも多いと、余ったエネルギーが脂肪として体内に蓄えられます。こうして「脂肪が過剰に蓄積した状態」が、肥満です。
肥満は糖尿病や高血圧をはじめとした生活習慣病とも深く関わっています。肥満、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)のうち3つ以上が重なると、心筋梗塞の危険性は約30倍にもなると言われますので、肥満は軽視できません。
単にスタイルや見た目の問題だけではなく、生活習慣病を予防・改善し、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な疾患から身を守るためにも、肥満の解消は大切なのです。

漢方で太りにくい体質に

漢方で太りにくい体質に

漢方では、人間の体を構成する基本的な要素「気(き)・血(けつ)・水(すい)」のバランスが健康状態を左右すると考えます。

生命エネルギーのことであり、生命活動の源となる。
血液のことで、全身に酸素と栄養を届ける。
血液以外の体液のことで、全身に潤いを与える。

食事療法と運動療法がやはり一番大切

食事療法と運動療法がやはり一番大切

肥満を解消し、生活習慣病を予防・改善するためには、なんと言っても食事療法と運動療法が大切です。いくら漢方で体質改善を図っても、この2本柱をしっかり実行しなくては、それほどの効果は期待できません。
バランスが良く、適切なエネルギー量の食事を3食きちんと摂り、ウォーキングなどの適度な運動を日々心がけることこそが、ダイエットの王道であることを忘れないでください。

クリニック概要

医院名
のぐち内科クリニック
院長名
野口雄一
診療科目
糖尿病・内分泌内科・消化器内科
所在地
〒350-2211埼玉県鶴ヶ島市脚折町6-28-1
駅からのアクセス
鶴ヶ島市循環ワゴン つるワゴン

東武東上線「若葉駅」からお越しの場合:
「脚折町三丁目東」下車 
時刻表はこちら

東武東上線「坂戸駅」からお越しの場合:
「脚折町三丁目交差点」下車 
時刻表はこちら

電話
049-279-6700
休診日
水曜・日曜・祝日
:9:00~13:00
※再診受付は診療時間終了の15分前となっております。
※新患受付は診療時間終了の30分前となっております。
診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~19:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。